中毒と向精神薬

中毒とは何か:定義とその理由

中毒は、習慣性行動の負の結果による人の生活の質の損傷または悪化がある行動の強迫的な実践を特徴とするコントロールの喪失です。 中毒では、中毒的な行動、個人の劣化、および損傷にもかかわらず使用の間の関係を知覚することの困難として提示される拒否または自己欺ceptionがあります。 次の記事では 、中毒とは何か を理解する機会を提供します :その定義とそれが起こる理由 。 中毒とは何ですか? 異なる社会にはそれを評価するための異なる基準があるため、中毒の説明はやや議論の余地があります。 それが、依存症に関係するいくつかの概念の説明を開始し、それらを区別できるようにする理由です。 物質の 使用に は臨床的または社会的意義はありません。つまり、「使用」という用語は、単に医学的、社会的および家族的影響なしに使用することを意味します。 それは孤立した、一時的な、時折の、そして耐性や依存のない習慣的なリズムのないものです。 習慣 は、その効果に適応した物質を消費する習慣です。 したがって、製品に対する要望がありますが、説得力のある方法では決して望まれません。 物質が達成されない場合、用量を増やす傾向も重大な身体的または心理的障害を被る傾向もない。 物質の検索は限られており、行動障害を意味することはありません。 虐待 は、個人の身体的、精神的、または社会的な幸福を損なう、または損なう恐れのある薬物の消

抗うつ薬を止める方法

抗うつ薬は、私たちの社会で最高の精神医学的処方薬の1つです。 抗うつ薬を毎日服用している人は多くいますが、物忘れや、体調が良好だからといってもはや必要ではないと考えているために、治療放棄の有病率も高くなっています。 抗うつ薬での治療を突然停止すると、重大な健康問題につながる可能性があります。 薬物の突然の抑制は、特にその人が向精神薬を4週間以上使用している場合、禁断症状につながる可能性があります。 この記事では 、抗うつ薬を止める方法と、抗うつ薬 を離れるときに現れる副作用と身体症状について説明し ます 。 ヒット抗うつ薬を停止する副作用 抗うつ薬を一度に残すことは、抗うつ薬を服用するときに犯す間違いの1つです。 抗うつ薬を一度に残すと、いわゆる「中断症候群」につながる可能性があります。 それは禁断症候群を指しますが、抗うつ薬は一般的に中毒を加えず、症状はアルコールやオピオイドなどの他の物質の摂取の放棄とは非常に異なることを記録するために、別の命名法で命名することが決定されました。 薬物の抑制後、数日以内に一連の副作用が現れ、それは数週間続くことがあります。 抗うつ薬を一度に止める副作用は、うつ病の再発と混同される場合がありますが、薬物が回復するとすぐに消えます。 それどころか、再発である場合、症状の消失は徐々に起こります。 最も頻繁な脳卒中抗うつ薬を残すことの副作用の中に、身体的お

パニック発作:薬物治療

パニック発作は、いわゆる不安障害の一部であり、恐怖、不安、コントロールの喪失感、および死についての壊滅的な思考につながる症状を示します。 パニック障害における薬物治療の目的は、発生する一連の症状を緩和し、再発を防ぎ、薬物による後遺症を回避することに基づいています。 ただし、薬物治療と心理療法を併用することをお勧めします。 この記事では、 パニック発作、薬物治療 について説明します。 パニック発作とは何ですか? パニック発作は、苦痛の危機とも呼ばれ、突然の発症と激しい恐怖 の急性不安 の エピソードであり 、一連の身体的症状を伴います。 関連する身体症状、不安、不適応の恐怖に加えて、その人は死と切迫したコントロールの喪失の考えについて壊滅的な考えを持っています。 パニック発作を回避するために、パニック発作に関連した状況または不安を引き起こす状況から逃れるための試みが行われます。 パニック発作は、パニック障害と区別する必要があります。 パニック発作は精神障害 で はなく 、物や恐怖の状況を目撃すると苦悩の危機が発生します。たとえば、飛行機に乗るときに飛行を恐れる人がパニック発作を経験する場合があります。 そのため、パニック発作は別の障害の指定子として使用されます。たとえば、「パニック発作を伴う強迫性障害」です。 一方、パニック障害では、発作は予想外であり、その後に再発する不安と別の発作の

テクノロジー依存:それが何であるか、原因、症状、結果、治療

今日のテクノロジーの使用は、コミュニケーション、創造、教育の膨大な可能性を表していますが、過度の使用はリスクと結果につながり、テクノロジーへの依存症につながる可能性があります。 中毒はあらゆる年齢層に影響を与えますが、若者は特にデジタルメディアで生まれ、日々の生活と発展の一部であり、主な情報源であり、社会化とコミュニケーション したがって、可能な限り迅速に中毒を予防および治療するために、過度の使用の可能性のあるリスクと結果を知る必要があります。 テクノロジーへの中毒の中で、私たちはビデオゲーム、インターネット、ソーシャルネットワーク、ノモフォビアなどの中毒を見つけることができます。 テクノロジーにどのように夢中になっているかを引き続き知りたい場合は、この記事を読み続けて テクノロジー中毒 について説明し ます:テクノロジー中毒とは何か、原因、症状、結果、治療 テクノロジー中毒:それは何ですか? 中毒について考えるとき、私たちは、新しい日に対処するためにその物質を服用する必要性から生じる寛容、依存、禁欲の発生を伴う有害物質の消費に概念を関連付けます。感情的および/または身体的な不快感。 テクノロジーへの中毒について話すとき、これらの用語をテクノロジーの概念に適合させようとします。なぜなら、それらが導くテクノロジー手段は、 感情的な不快感を軽減しようとする 人の行動の 制御 の 喪失だ

ベンゾジアゼピン:それらは何か、作用機序と分類

ベンゾジアゼピンは、その使用を示すリンクされた病理学を必要とせずに、人口が最も簡単かつ頻繁にアクセスする薬理学的グループです。 私たちの環境の誰かが 夜に眠るために NoctamidまたはOrtfidal を 使用し ていると聞いたこと があります か? これらの2つの薬は、ベンゾジアゼピンファミリーの一部であり、トランキマジンと一緒に使用されます。 しかし、ベンゾジアゼピンの特性を知っておく必要があり、それらを服用することを決定する場合、医師の指示に従う必要があります。 私たちの生活に存在するこの薬理学的グループを知りたい場合、それが何のために使用され、どのような適応症があるべきかを知り、 ベンゾジアゼピン:それらが何であるか、作用と分類の この記事を読み続けてください。 ベンゾジアゼピン:それらは何ですか? ベンゾジアゼピンとは何ですか? ベンゾジアゼピンは、 不安 の 治療 と比較して卓越した精神活性薬のファミリーです。 高用量では催眠鎮静効果があるため、催眠グループに分類されるベンゾジアゼピンのタイプもあります。 不安障害の治療薬はバルビツール酸塩であったため、1960年代初頭の発見は不安の治療にとって大きな進歩でした。安全な用量と毒性用量。 したがって、彼らはすぐ に不安障害の最初の選択肢 の 薬 になり、催眠薬としても使用されました。 この薬理学的グループ は、 それを服

違法薬物の種類

時間の始まり以来、精神活性物質の消費があります。 社会がさまざまな薬物を使用する方法、その目的(レクリエーション、医学治療、または魔法宗教など)、およびそれらに対するメンバーの態度は、進化の指標であり、理解を支援します異なる文化における各物質の出現と消費。 この記事では 、違法薬物 の 種類を 説明し、それらが何であるか、その効果は何であるか、そして現在存在する違法薬物の種類を念頭に置いています。 違法薬物とは何ですか? 薬物の分類の1つは、合法および違法ツバメの分類です。 違法薬物とは、特定の社会での 消費または流通 が 許可され て いない 薬物です。 したがって、物質は、文化に応じて合法または違法な薬物になる可能性があります。 たとえば、アルコールには意味があり、地中海社会ではアングロサクソン社会とは異なる意味があり、大麻はスペインではなくオランダで合法化されています。 したがって、物質の違法性を示すのは、特定の社会ごとに確立された規範です。 違法薬物の影響 物質の効果は、それらを消費する 人によって 大きく 異なり ます。 違法薬物の影響は、年齢(子供、青年、成人、高齢者)、体重(体重1キログラムあたりの血漿濃度)、および性別によって異なります。 精神的に健康な成人または統合失調症または別の精神疾患と診断された人である場合、同じ物質は異なる効果を持つことができます。 同じ薬の

神経系に対する薬物の効果

人々が物質を消費することを決定する理由は非常に多様である可能性がありますが、それらのすべての中で、私たちの神経系の物質によって引き起こされる変化によってもたらされる特定の効果にそれらを誘導する即時効果を達成する欲求に似ています。 しかし、その消費で求められている効果の即時性は、私たちの生涯を通じて私たちを伴うことができる永続的な結果になる可能性があります。 神経系に影響を与える薬は何ですか? 薬物は脳にどのような影響を与えますか? 神経系に対する薬物 のさまざまな 効果と 、短期的および長期的に生じる可能性のある結果を知ることは非常に重要です。 それらを注意深く知りたい場合は、この記事を読み続けてください。 神経系に対する薬物の効果 薬は何ですか? 薬物と見なされる物質については、中枢神経系の 1つ以上の機能 (快楽、痛みの軽減、脱抑制、刺激、知覚変化、または物理的または知的パフォーマンスなど)、物理的および/または心理的 依存状態 と寛容をもたらす可能性があり、その影響はますます少なくなります。 薬物効果 薬物は神経系にどのような影響を及ぼしますか?薬物は、脳の神経伝達物質の産生、放出、または分解を変更することにより、脳の機能を変化させます。 過剰に生成される神経伝達物質の修飾は、生成される 化学的不均衡の 結果として脳に変化をもたらします。 ただし、中枢神経系に対する薬物のさまざ

三環系抗うつ薬:用途、名前、副作用

抗うつ薬は、わが国で最も一般的な処方薬の一部です。 三環系抗うつ薬(ADT)は、その化学構造に基づいて命名されており、2つの環が別の中心で結合し、3次元構造を与えています。 それらは、三環系抗うつ薬(3つの環)と四環系抗うつ薬(4つの環)によって形成される周期性抗うつ薬の一部です。 ADTは、モノアミンオキシダーゼ阻害剤(MAOI)と一緒に最も古い抗うつ薬であり、現在の臨床診療で関連する役割を果たし続けていますが、それらは非常に限られています。 この記事では、ADTを知りたい場合は、 三環系抗うつ薬 について説明し ます:それらの目的、名前、副作用 。 三環系抗うつ薬とは何ですか? 三環系抗うつ薬は抗うつ薬のグループの一部であり、その有効性は繰り返し研究されています。 ADTの治療効果は 、65%以上 の症例 で抑うつ症状の改善または寛解を もたらすことが示されています。 精神薬物療法は障害の完全な寛解をもたらさないことを強調することが重要ですが、薬物療法と特定の種類の心理療法の組み合わせが回復を大幅に増加させるという高い証拠があります。 つまり、最良の選択肢は、抗うつ薬とうつ病の心理的治療を組み合わせることです。 さらに、三環系抗うつ薬の効果は、以前に抑うつ症状があった人の気分を改善するだけであるため、正常範囲内の人の気分を高めることはありません。 現在、ADTの主な適応症が最も深

神経系に対するニコチンの影響

喫煙は世界中で深刻な健康問題と考えられています。 タバコは、他の物質と混合し、添加物を加えた後、刻み、タバコの形に包装されたタバコの葉で作られています。 タバコには、中枢神経系と末梢神経系の両方に影響を与える精神活性および中毒性の物質であるニコチンが含まれています。 この記事で は、ニコチンの神経系への影響 について、ニコチンとは何か、ニコチンの影響、およびその物質に関連する障害について詳しく説明します。 また、ニコチン中毒とそれに対応する治療を評価する方法にも名前を付けました。 ニコチンとは? ニコチンは 天然のアルカロイド物質であり 、血液脳関門を簡単に通過できるため、中枢神経系および末梢神経系に 作用する 非常に強力な 精神活性効果 を持っています。 ニコチンは嗅ぎタバコへ の依存 と依存症の 原因です 。つまり、中毒性の薬物であり、実際、知られている最も中毒性の物質の1つです。 また、最も研究されている物質の1つです。 ニコチンはタバコの成分であり、タバコのタバコ葉に由来します。 この物質は、主にタバコの煙を吸い込むことによって消費されます。 約2 mgが吸入されますが、各タバコには約10ミリグラムのニコチンが含まれています。 ニコチンの複数の効果の持続時間は約2時間ですが、1〜4時間の間で変動する可能性があります。 最後に、この物質は肝臓で代謝されます。 神経系に対するニコ

アルコールが脳および神経系に及ぼす影響

今日、多くの人々は、社交の集まり、仕事の後の自宅、または一般的な状況で定期的にアルコールを消費しています。 アルコールは 最も消費されている薬物の1つで あり、今度は社会でより標準化されて販売されています。 世界保健機関(WHO)によると、アルコール消費量は健康状態の悪化につながる要因の中で3番目にランクされています。 しかし、アルコールは私たちの体に何をしますか? アルコールは脳や神経系に どのような 影響を与え ますか? 次に、この興味深い記事では、短期および長期の両方で、アルコールが脳に及ぼす危険な影響について説明します。 アルコールの脳への影響 ビール、ワイン、ウイスキー、その他の飲み物には共通の要素が1つあり(量は多かれ少なかれ)、それは エタノール とも呼ばれる アルコール です。 この物質は私たちの消化器系に入り、数分で血液の中に入ります。 すでに血流に入ったアルコールは、私たちの神経系に到達し、抑制回路を破壊する「大洪水」を引き起こし始めます。そのため、多くの人は数杯飲むと抑制されなくなります。 さらに、それは私たちの行動や記憶を保存する能力にも影響します。 飲酒の事実に影響するだけでなく、品質と種類も重要です。 たとえば、ビールを時々飲むことは、1時間に5つの組み合わせウォッカを飲むことと同じではありません。 たくさん飲むとすぐに私たちの神経系に危険な影響を与えます

クロナゼパムの低下:目的、服用方法、副作用

Rivotilとしても知られるクロナゼパム薬は、多くの中でも 抗不安および鎮静作用を持ち 、不安障害、発作などの治療に最も広く使用されている薬の1つとなっています。 クロナゼパム、それが何のためにあるのか、どのように取られるのか、そしてその副作用は何か についてもっと知りたいのであれば、この興味深い記事をお見逃しなく。 次に、すべての疑問を解決します。 クロナゼパムとは何ですか? リボトリルとしても知られる クロナゼパムは、ベンゾジアゼピンとして知られる薬物群に属します。 主に中枢神経系(CNS)で作用し、電気的活動を低下させ、脳の活動を遅らせ、抗けいれん薬、鎮静作用、鎮静作用を引き起こします。 クロナゼパムは、脳の神経伝達物質であるガンマアミノ酪酸(GABA)の活性レベルを高めます。 ここで神経伝達物質と感情の関係を発見してください。 この神経伝達物質の量が不十分な場合、身体が興奮してパニック発作や発作を引き起こす可能性があります。 この薬にはさまざまな機能があります: 抗不安薬 鎮静剤 抗けいれん薬 (すなわち、振戦を防ぐ) 気分 安定剤 この薬は、抗てんかん薬またはパニック発作を和らげるために処方され、恐怖症や不安障害、睡眠障害、発作、双極性障害、アルコール離脱症候群などの障害の治療に使用されます。 クロナゼパム:滴剤の服用方法 クロナゼパムまたは リボチル は2.5mg(約2

喫煙をやめることに対する不安に対処する方法

今日、決定的に喫煙をやめることにした多くの人々がいます。 たばこは、がんや心肺障害などの複数の病気に関連しています。 同じ理由で、喫煙をやめるという決断は、私たちが人生で取ることができる最も有益なステップの1つです。 ただし、嗜癖であるため、タバコをやめると、 離脱症候群に 典型的な障害や症状が 現れ ます。 喫煙をやめることに対する不安は最も一般的な問題の1つであり、ほとんどのタバコの再発に関連しています。 禁煙についての不安と戦う方法 を知りたいですか? 次に、この記事で提供するアドバイスに注意してください。 簡単に禁煙する方法 これは、喫煙をやめたい人が最も尋ねる質問の1つです。 真実は、他の中毒と同様に、単純な道はないということです。 それはあなたの健康を改善するための忍耐力、意志力、および動機付けについてです。 喫煙をやめることは習慣を残すことを意味するだけではなく、タバコにはニコチンが含まれています。 簡単に禁煙するには? 誰にとっても普遍的な公式はなく、各人がいくつかの手順を踏む必要があることは事実ですが、喫煙をやめるためのこれらのヒントは通常最も効果的です。 1.定期的にスポーツをする 運動は私たちの体と心に多くの利点があり、エンドルフィンを放出し、禁煙がもたらす不安のレベルを下げます。 ですから、定期的に運動することは、喫煙をやめることに対する不安と戦うのに役立ちま

クロナゼパムを服用した場合、アルコールを飲むことができますか?

クロナゼパムとアルコールの 混合物の影響は非常に危険です。 クロナゼパムはベンゾジアゼピンに分類される薬で、体内の精神安定剤として働きます。 また、この薬は脳の活動を遅くし、不安、妄想、自殺念慮、自殺企図の増加を引き起こす可能性があります。 クロナゼパムを服用した場合、アルコールを飲むことができますか? この記事では、これら2つの物質の混合消費の影響について説明します。 クロナゼパムとアルコールの服用の兆候と症状 クロナゼパムは、パニック障害、不安の危機、強迫性障害、うつ病、心理障害の治療に使用されます。 個人がクロナゼパムを服用すると、薬は非常に迅速に働き始めます。 クロナゼパムは慢性疾患を治療せずに治療するため、この薬を処方されている人は、長期間にわたってそれを服用することが多く、筋肉を素早くリラックスさせて催眠効果を生み出すことに非常に熟練しています。 クロナゼパムを飲んだ場合、アルコールを飲むことはできますか? クロナゼパムの摂取は 耐性を生み出し、これはアルコールと組み合わせた場合に発生するリスクが高くなります。 アルコールを乱用することにより、私たちは適切な判断を欠き、通常の場合よりも多くのクロナゼパムを飲みながら摂取する可能性があります。 これにより 、薬物に対する耐性が 急速 に 発達し ます。 さらに、クロナゼパムの処方箋が入手できなくなった場合、それを入手するため

最高の不安薬は何ですか

人間が人生の特定の瞬間に多かれ少なかれ不安を経験するという事実は、私たちが経験しなければ、例えば、または単に危険な状況から身を守るための動機や衝動を感じないため、正常である程度健康です先に進み、私たちが望むものを達成してください。 しかし、不安が極端になり、心配する必要のないあらゆる種類のことを心配しているとき、毎日警戒しているとき、これは間違いなく問題があることの指標です。 このタイプの状態は、適切な治療が問題なく実行されると治療および克服できます。 この記事で は、不安 に 最適な薬は何ですか? 不安を克服するための適切な薬理学的および心理的治療は何かをお知らせします。 不安に最適な薬は何ですか? この質問に答える前に、不安を克服するために毎回薬や薬が含まれるわけではなく、心理療法のみが必要な場合があることを知っておくことが重要です。ただし、これは各人の特定の状況によって異なります。 だからこそ、まず専門家に相談し、適切にアドバイスし、評価し、最も適切な治療を提供できるようにする必要があります。 しかし 、最高の不安薬は何ですか? 薬物治療 個々の状況に依存するため、特定の薬や他の薬よりも優れていると考えられる理想的な薬は実際にはありません。医師はあなたの特定のニーズに最適な薬を処方し、適切な用量は何ですか?これは明らかに人によって異なるためです。 このため、適切な薬を処方する前

抗うつ薬が性欲を低下させる理由

今日、残念ながら、ますます多くの人々が抗うつ薬などの薬を服用しています。 すべての薬は常にこれらを伴うため、これらが体内で引き起こす可能性のある副作用について大きな懸念があります。 しかし、抗うつ薬の場合、一部の人々が最も心配する最も一般的な副作用の1つは、性欲の低下です。 性欲減退の場合、それはまだ根絶されていない副作用の1つですが、なぜ 抗うつ薬は性欲を減少させるの ですか? この記事では、詳細に説明します。 抗うつ剤の消費における最も頻繁な性的副作用 抗うつ薬の服用は、望ましい効果のためだけでなく、それに伴う副作用のために、私たちのライフスタイルに大きな変化をもたらします。 以前は、大うつ病の治療に使用される薬はモノアミンオキシダーゼ阻害剤(MAOI)と三環系抗うつ薬であり、これらは副作用を引き起こす可能性が高く、これらの影響の多くは深刻です。 長年にわたり、新しい抗うつ薬が組み込まれており、その副作用は以前のものほど深刻ではないという利点がありますが、人のアドヒアランスに関連しているため、それらを考慮することも重要です治療 抗うつ薬のリビドーに対する効果について言及する前に、フルオキセチンとその副作用に関する最初の数日間のこの記事を紹介したいと思います。 抗うつ薬を服用する際の性的副作用は 、男性と女性の両方 に等しく 影響し ます。 通常、一部の人々は深刻な影響とみなされる

睡眠のためのロラゼパム:目的、投与量、副作用

私たちが知っているように、不安障害に苦しむ人々は、身体的および感情的な一連の非常に不快な症状を経験し、それが最終的に彼の人生の1つまたは複数の領域に影響を及ぼす人の感情的な幸福を終わらせることができます。 不安は、特定の人の状況に最適な治療法を決定する専門家によって治療されなければなりません。 ほとんどの場合、それは心理的治療を実行するだけの問題ですが、他のいくつかでは、ロレゼパムなどのいくつかの薬物の使用と組み合わせる必要があります。 。 この記事では 、睡眠のためのロラゼパム について説明します。 その目的、用量、副作用 について、今日このタイプの薬がどのように使用されているかを詳しく説明します。 ロラゼパム:それが何であり、何のためであるか ロラゼパムノルモン は、人の不安レベルを制御するために使用される薬です。 ベンゾジアゼピンまたは向精神薬であり、短期間の鎮静剤と​​して作用します。 つまり、ロラゼパムには中枢神経系の抑制効果が含まれており、神経伝達物質「GABA」(不安レベルの調整を担当)がその受容体と結合して、人にリラックス効果をもたらすのを助けます。 ロラゼパムまたはオーフィダルは何に使用されますか? Orfidalの商品名で、市場で非常に人気のあるこのタイプの薬剤は、特定の催眠薬、鎮静薬、および抗痙攣薬の特性も持っているため、 麻酔前薬 として使用する提案がなされて

フルオキセチン:最初の数日間の副作用

プロザック は、 選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI)であるジェネリック医薬品フルオキセチンの ブランド 名です。 セロトニンは気分に影響を与えるので、気分だけでなく不安の調節にも関与しているため、医師は恐怖症、特に社会恐怖症の治療のためにSSRIを処方することがあります。 セロトニンは神経伝達物質であり、脳のニューロン間で信号を伝達する化学物質です。 フルオキセチンを含むSSRIは、脳がセロトニンを再吸収する速度を低下させ、シナプスギャップとして知られるニューロン間の空間により多くの時間を費やすことを可能にします。 これにより、セロトニンは追加の信号を2番目のニューロンに送信できます。 この記事では 、最初の数日間のフルオキセチンとその副作用 について説明します。 フルオキセチンの副作用 SSRIは 第2世代の抗うつ薬です 。つまり、モノアミンオキシダーゼ阻害剤、MAOI、三環系抗うつ薬(ATC)などの第1世代の薬物よりも新しいものです。 フルオキセチン20 mg:副作用 フルオキセチン20 mg(通常の症状)は、特にフルオキセチンを初めて服用し始めたときに、眠気や緊張を引き起こすことがあります。 副作用が発生した場合は、薬に対する反応がわかるまで、医師に連絡し、重い機械での運転や操作を避けることが重要です。 フルオキセチンまたはプロザックは、次のようなさまざまな副作用を

睡眠のためのメラトニン:用量、禁忌および食物

私たち自身の脳によって生成されるこのホルモンは、 睡眠 を 調節し 、免疫システム を 強化 するのに 役立ちます。 最近、特定の有益な効果が発見されました。これは、メラトニンを含む薬の生産につながりました。これらの薬は薬局や他の施設で購入できます。 しかし、 メラトニンを購入する 前に、それが何をするのか、その利点が何であるのか、そしてどの用量を摂取するのが望ましいかを知ることが重要です。 この完全な記事では、 睡眠中のメラトニン について説明し ます。投与量、禁忌 、メラトニンが含まれている 食品 は何ですか。 このホルモンに関するすべての疑問を解決し、 メラトニンが何であり、何のためにあるの かを正確に 把握します。 メラトニンとは:用量と禁忌 眠り方 に関するアドバイスを探している場合、メラトニンとホルモンを含む錠剤に関連する情報を見つける可能性が非常に高いです。 メラトニンが睡眠の調節に役立つと主張する多くの研究があることは事実ですが、それらの多くは不眠症を治療する他の方法を見つけることがより有益であると結論づけています[1] メラトニンとは何ですか? このホルモンは松果体によって生成され、その主な機能は睡眠と覚醒のサイクルを調節することです。 メラトニンは24時間周期で定期的に生成されます。この周期には、より多くのメラトニンが生成されるリリースピークがあり、これにより、体

薬物中毒:原因と結果

他の人が薬物中毒を発症する方法を理解していない人がいます。誤って、薬物を使用する人は道徳的な原則や意志力がなく、問題なく薬物の使用を停止できると考えています。 しかし、薬物中毒は複雑な現象であり、中毒と消費の中断の原因と結果に介入する多数の要因が、善意以上の強い意志を必要とします。 この記事では、 薬物中毒、その原因と結果について説明し ます。 薬物中毒とは何ですか? 世界保健機関(WHO)によると、依存症は物質、活動または関係への依存を引き起こす身体的および心理的な病気です。 より具体的には、薬物中毒は、人が物質の消費に関与している状態であり、それにより、満足のいく効果が結果にかかわらずその消費行動を繰り返し続けるインセンティブを提供します有害です。 中毒は、アルコール、吸入剤、アヘン剤、コカイン、ニコチンおよび他の物質につながる可能性があります。 物質と習慣性の行動が重要な神経生物学的特性を共有しているという科学的証拠があります:脳の報酬と強化経路の 激しい活性化 であり、その多くはドーパミンを含みます。 薬物中毒は、うつ病、不安、その他の問題など、さまざまな精神障害を伴う可能性が高くなります。 さらに、継続的な消費は通常、労働と学校の関係と義務に有害であるため、活動と日々の社会関係の中断による 社会的悪化 によって特徴付けられます。 また、そのような消費によって引き起こされる肉

聴覚薬とは何か、その効果は何か

この用語は多少奇妙である可能性があります。 通常、薬物について話すとき、私たちは経口、鼻腔内(嗅覚)または静脈内でさえ消費する物質を意味します。 しかし、若い人々の間には新しくて危険な方法があります。脳に変化をもたらすと思われる音を聞いて、その効果は最も一般的な薬物と非常に似ています。 この新しいファッションは試してみるのは危険ですが、中毒に関連する科学的証拠はありませんが、多くの専門家は、 聴覚薬 がめまい、混乱、状態の変化を引き起こす可能性があると言います。マリファナ、コカイン、LSDなど この記事で は 、 聴覚薬とは何か、その効果は何かを調べ ます。 聴覚薬の仕組み 「聴覚麻薬」という用語と、 YouTube や I-doser などのWebプラットフォームでのこうした音の 公開 は比較的新しいものです。 このファッションは約10年前に生まれました。新しいテクノロジーの登場と、若者がインターネットを介してあらゆる種類の情報、ビデオ、音声に簡単かつ迅速にアクセスできるようになったおかげです。 バイノーラル波 しかし、聴覚薬には1839年に発見された神経学的基礎があります。そのとき、物理学者のハインリッヒヴィルヘルムダブは、脳内の バイノーラルウェーブまたはトーンの効果を 発見しまし た 。 この効果は、各耳で異なる周波数の異なる音を受信したときに発生します(たとえば、右耳で60