自己主張と例とは

自己主張の概念は、私たちの感情やニーズを周囲の人々に伝える能力を指しますが、他人を傷つけたり怒らせたりすることは避けます。 しかし、自己主張が何であるかをさらに深く知るには、心理学に従って正しい定義をする必要があります。

一部の人々は、 自己主張と社会的スキルは同義語であると信じています。 しかし、自己主張は社会的スキルの一部にすぎず、攻撃や攻撃を受けることなく互いの権利を守ることができる行動と思考を結び付けるものであることに留意することが重要です。

あなたがこの社会的および個人的なスキルが何で構成されているかをよりよく理解するために、 例で自己主張が何であるかという質問に答えたい場合、その記事を読み続けてください。

自己主張とは:例と意味

まず第一に、自己主張の意味、自己主張することの意味、そして私たちの人格のこの要素を養うことがなぜ重要なのかを知ることは非常に重要です。 私たちが考慮しなければならない最初の特徴は、私たちの社会的および個人的な関係で自己主張を観察できることです。一方、積極的かつ受動的にコミュニケーションをとる人もいますが、社会的スキルの鍵は自己主張と共感とのコミュニケーション方法を知ることです。 たとえば、職場での自己主張は非常に便利です。これにより、合意に簡単に到達し、良好な職場環境のメリットを得ることができるためです。

断定性:例

次に、これらのアサーティブネスとアサーティブコミュニケーションの例を使用して、この状況をよりよく理解できるように、 アサーティブネスとはどのような例であるかを示します。

次の状況を考えてみましょう。夕食のためにレストランに座っています。 ウェイターがあなたが求めていたものを持ってきたら、カップが汚れていて、他の人の口紅の跡があることに気づきます。 この状況では次のことができます。

  • 嫌悪感はあるものの、 何も言わず 、汚れたカップを使用します。
  • その場所で大騒ぎし、ウェイターにあなたがその施設に再び行くことは決してないことを伝えてください。
  • ウェイターに電話して 、グラス交換してください頼んでください

どうしますか

最初のオプションも2番目も、断定的なコミュニケーションの適切な動作または特性ではありません。 その状況で、私たちがストレスを軽減し、他の人を敬意をもって扱うことを望んでいる場合、3番目のオプションはあなたが実行できる最も断定的なものです。 したがって、3番目のオプションはアサーティブ動作の例であり、最初の選択肢はパッシブ動作の例であり、2番目のオプションはアグレッシブ動作の例です。

アサーティブネス:意味

この例を設定したので、アサーティブネスの意味を見てみましょう。 自己主張定義は 、感情、感情を表現することを学び、積極的に行動することなく自分を尊重する方法を発見する社会的能力にあります。 断定的なものは何ですか? したがって、 断定的または断定的なの意味は、断定的を使用して通信する人、つまり、彼の行動は他人および自分自身に対する敬意に基づいているということです。

以下では、自己主張性とは何かをよりよく理解するために図を同封します。

画像:EClass

アサーティブネステスト

自己主張の概念を理解し、自己主張の定義を知ると、「私は自己主張者ですか?」と自問するかもしれません。 答えを知り、あなたが断定的であるか断定的であるかを知るには、異なるシナリオで他者と関係を持ち、コミュニケーションをとる方法を分析する必要があります。 自分が断定的な人であるかどうかを知りたい場合は、この断定的なテストを結果とともに実行して、断定的な能力を評価できます。

より積極的になる方法:心理学のヒント

自己主張が何であるかがわかったので、自己主張することを学ぶ時が来ました。 これを行うには、認知心理学および社会心理学が提供するアドバイスに従うことができます。 私たちが断定的な人でないとき、私たちは友人、カップル、家族と問題を抱えることがあります...そして、紛争は通常迅速かつ効率的に解決されません。

断定的なトレーニングは単純なものではなく、プロセス中にいくつかの間違いを犯す可能性がありますが、他の行動と同様に、それは実践を通じて学ぶことができるものです。

アサーティブトレーニング:ソーシャルスキル

人が自己主張しない理由は2つあります。

  • 彼らは自分たちの信念、権利、意見に対する権利はないと考えています。
  • 彼らは、怒りと攻撃性で、自分の権利を他の権利よりも守らなければならないと信じています。

最初のケースでは、 断定的な訓練は、従順な人々を苦情や告発者にすることではなく、明らかに不公平な状況で自分の権利を守る権利があることを教えることです。

ここで 、通常は受動的な人がほとんどいない一連の誤った考えを公​​開します。

  • 私たちは決して人を邪魔してはなりません。 偽:私たちはあなたの対談者を中断​​して説明を求める権利があります。
  • あなたの問題は他の誰かの興味を引くものではありません。あなたはそれを聞いて時間を無駄にしないでください。 偽:私たちには、助けや感情的なサポートを求める権利があります。
  • 友情を失う危険性がなければ、他人に適応しなければなりません。 偽: 「いいえ」と言う権利があります。
  • 誰かが問題を抱えているとき、あなたは彼を助けなければなりません。 偽:私たちには、いつ他の人を助けるか、そうでないかを決定する権利があります。

断定的でない人々が暴力的かつ反応的になる場合、共感を強化し、私たちの周りの人々の感情と権利の重要性を示す断定的なトレーニングを実施することが重要です。

アサーティブネステクニック

最も一般的な断定的な動作を強化する断定テクニックは次のとおりです。

  • スクラッチディスクのテクニック:姿勢を維持し、穏やかな方法で同じ議論を繰り返します。
  • 自己開示:最初の人に、自分の気持ちや考えを公開します。
  • 客観的な説明:可能な限り最も客観的な方法で状況を説明します。
  • 質問:当たり前のことを考えずに、他の人に何を考え、何を感じ、何を望んでいるかを尋ねます。
  • フォグバンク:正しいことを証明するか、批判を否定または直面しない。

次の記事では、自己主張能力を開発するためのテクニックを紹介します。

落ち着いて、声の調子を上げずにコミュニケーションをとることを学びたい場合、大人のためのリラクゼーション技術を実行することもできます。

コミュニケーションにおける自己主張とは:対話の例

自己主張が何であるかを知ったので、自己主張するテクニックがたくさんあることを知っておく必要があります。

最も効果的な手法の1つは、 前に相手の仕事 、人、または仕事を称賛または認識して、他方分解してから必要なものを表現することです。

断定的な振る舞いの実例を見みましょう:

  • 女性:「 ホセ、子供たちを学校に連れて行ってもらえますか。明日のレッスンをまだ準備する必要があります時間がないと思います 。」
  • 夫:「 ごめんなさい、マリア。でも仕事から戻ったばかりで、とても疲れたよ 。」
  • 女性:「 あなたは仕事で一生懸命働いているので、あなたは非常に疲れていると思います。上司はそれを理解し、あまり多くの仕事をあなたに負わせないでください。私は明日のために働きます。そうすれば休むことができます 。」

後者の例では、他の人に対する秩序、軽empt、または攻撃性がないため、他の人の権利を侵害することなく、権利自体が守られます(助けを求め、意見を述べる権利)。

要約すると、断定的であるとは、他者の意見を尊重するという私たちの見解表現することです。

断定的であるということは、常に正しいことを望んでいるのではなく 、意見が正しいかどうかにかかわらず、意見や意見を表明することを意味します。 私たちは皆、過ちを犯し、過度に判断されることはありません。

職場で断定的なコミュニケーションを適用することに関心がある場合は、職場で断定的になる方法に関する次の記事に興味があるかもしれません。

画像:絵文字

アサーティブネスと共感:関係と違い

共感とは、「他者の靴に身を置く」、つまり、他者の感情を自分自身として感じ、周囲の人々を考慮して行動する能力です。

共感は感情的知性の非常に重要な特性であり、多くの場合、それは自己主張に直接関係しています。これは自己主張するために共感を発達させる必要があるために起こります。

自己主張と共感の違いは何ですか?

自己主張と共感の主な違いは、自己主張が他者に直面して私たちのものを表現することに焦点を当てているという事実にありますが、共感は正反対です:共感は私たち自身の感情的な処理に向かって外側から内側へのチャネルです。 ただし、断定的な行動には共感が含まれます。 詳細については、自己主張と共感の違いに関する次の記事を参照してください。

この記事は単なる参考情報であり、診断を下したり、治療を推奨したりすることはできません。 心理学者に行ってあなたの特定のケースについて話し合うことを勧めます。

自己主張と例とは」に類似した記事をもっと読みたい場合 、認知心理学のカテゴリーに入ることをお勧めします。

推奨されます

コーチとプレイ
2019
セクスティングとは何ですか:結果とそれを防ぐ方法
2019
スポーツの競争
2019